windows10にWindows Liveメール2012をインストールする

 

widnows10にWindows Liveメール2012をインストールする手順と注意点をまとめました。Outlook ExpressからWindows Liveメールへと続く流れでいうところの後継メーラーが出ない限り、Windows Liveメールを使い続けるという選択も今後十分あるでしょう。

 

注意1マイクロソフトのシステム要件から外れている

マイクロソフトのWindows Essentials2012のシステム要件にはwindows10は含まれていません。Windows Liveのサービス自体が過去のものとなった現在、windows10Essentialsのシステム要件に今後追加される可能性は低いでしょう。

それでもwindows10にインストールは可能です。ただし、動作に問題があったとしてもマイクロソフトにサポートを求めることはできません。そこを理解したうえで利用する必要ありです。詳細はマイクロソフトのサイトをご覧ください。

インストール

ダウンロードしたwlsetup-web.exeを実行します。


注意点2

先にMicrosoft .Net framework3.5のインストールが必要の場合、インストールを推奨されるのでインストールします。


注意点3

推奨インストールは選ばずに、インストール製品の選択を選びます。あくまで2012年時点の推奨インストールなので推奨されても選ばないようにします。


メールだけを選択します。Messengerは必ずチェックを外しますMessengerを選んでしまうと常駐して使えないのに起動するたび立ち上がることになるのを避けます。フォトギャラリーとムービーメーカーやWriterも使いたい場合は、それぞれチェックを入れてインストールをクリックします。

デスクトップにアイコンを出す

インストールが完了してもアイコンが出ません。アイコンを出す場合は、タスクバーの検索欄に「wlm」と入れてWindows Live Mailのアイコンが出てきたら右クリック。タスクバーにピン留め、スタートメニューにピン留めを選んでアイコンを出します。

デスクトップにアイコンを出す場合は、ファイルの場所を開くを選んで、デスクトップにアイコンをコピー&ペーストします。

インストール完了

アイコンをクリックして起動するか確認できたらインストール完了です。使い慣れたソフトなので安心して使えます。

window10アップグレードの場合

windows7/8.1から10へアップグレードした場合で、さらに元からwindows Liveメールを利用していたのであれば、windows Liveメールはそのまま継続インストールされていますので、タスクバーの検索窓に「WLM」と入れればアイコンが出てきて以前のまま利用できるでしょう。