Outlook 2016 for Macにアップグレードする

 

Office for Mac 2011 Outlook 2016 for Mac の両方を同時に同じコンピューターで実行できますが、Outlook for Mac 2011 を削除して、このアプリケーションの最新バージョンを使うことをお勧めします。

  Outlook for Mac 2011 Outlook for Mac for Office 365 の両方で、同じ設定が使用されています。そのため、一方のバージョンで設定を変更すると、もう一方にも変更が自動的に適用されます。

Outlook for Mac 2011 を削除する

Outlook for Mac 2011を削除するには、次のつの操作を行います。

·Outlook for Mac 2011 アイコンをゴミ箱にドラッグします。


·Outlook for Mac 2011 アプリケーションも、アプリケーション フォルダーからゴミ箱にドラッグします。


その他のファイルは削除しないでください。削除すると、Word/Excel/PowerPoint for Mac 2011 が機能しなくなる可能性があります。

Word/Excel/PowerPoint for Mac を使う

Mac Office を使ったことがなく、WordExcelPowerPoint を使いたいと考えている場合は、Office for Mac 2011 バージョンをインストールできます。このバージョンでは、WordExcelPowerPointOutlook つすべてのアプリケーションがインストールされます。ただし、Outlook の最新バージョンであるOutlook for Mac for Office 365 を使うために、Outlook 2011を削除することをお勧めします。

Office for Mac 2011 をインストールする

以下の Office 365 サブスクリプション プランのいずれかを利用している場合は、こちらのインストール手順を参照してください。

·Office 365 Solo

·

·

以下の Office 365 サブスクリプション プランのいずれかを利用しているビジネス ユーザーの場合は、こちらのインストール手順を参照してください。

·Office 365 Business

·Office 365 Business Premium

·Office 365 Small Business Premium

·Office 365 Midsize Business

·Office 365 Enterprise E3

·Office 365 Enterprise E4

·Office 365 ProPlus

·Office 365 Government G3

·Office 365 Government G4

·Office 365 Education A3

·Office 365 Education A4

·Office 365 ProPlus for Students

·Office 365 ProPlus A for Students

適用対象: Office 365, Office 365 管理者, Office 365 Small Business の管理者, Outlook 2016 for Mac