Office 2016 for Mac のライセンス認証を行う

 

1.Office 2016 for Mac のインストール後、Word 2016 for Mac では自動的に [新着情報ウィンドウが表示されます。ライセンス認証を開始するには、[はじめにをクリックします。


2.[サインインをクリックします。


3.Microsoft アカウント、または職場や学校で割り当てられたアカウントに使用していたメール アドレスを入力し、[次へをクリックします。


4.Microsoft アカウント、または職場や学校で割り当てられたアカウントに使用していたメール アドレスとパスワードを入力し、[サインインをクリックします。


5.有効なライセンスを所有しているかどうかがチェックされます。

  重要  複数のライセンスを所有している場合は、「複数のライセンスを使用したライセンス認証」セクションの手順に従ってください。

6.ライセンスの検証が行われた後、製品のライセンス認証が行われます。

7.これで完了です。 アプリを開いて使用を開始するには、[Word の使用を開始するをクリックします。


複数のライセンスを使用したライセンス認証

Office 2016 for Mac では、同一の Microsoft アカウントに最大 25 個のライセンスを関連付けることができます (Office 365 サブスクリプションのライセンスはつのみ、台のMac にインストールされたOffice 2016 for Mac Home and Student またはHome and Business のライセンスは複数)

同一の Microsoft アカウントに関連付ける Mac のライセンスが複数ある場合、最初はOffice 365 サブスクリプションを使うことをお勧めします。サブスクリプションからはいつでもインストールを非アクティブ化できますが、単一のインストール ライセンスを非アクティブ化することはできないためです。Office 365 サブスクリプションを所有していない場合、最初は一覧の最上位にあるライセンスを使用し、つずつ下のライセンスを順に使用します。

回限りのライセンスを追跡する手段はないため、どのデバイスでどのライセンスが認証されているかに関するリストを維持することを推奨します。どのライセンスが使用されていたかを覚えていない場合は、消去法のプロセスを一通り実行して、これまでに使用したライセンスを確認する必要が生じます。

複数のライセンスを所有している場合は、すべてのライセンスが表示され、使用するライセンスを選択できます。

ライセンスが検証された後、製品のライセンス認証が行われます。[Word の使用を開始するをクリックすると、Office 2016 for Mac を開いて使用を開始することができます。

既に使用されている複数のライセンスとキー

Office 2016 for Mac 回限りのインストールのライセンス認証を行おうとして、エラー"キーが既に使用されています。使用する別のライセンスを選択する必要があります。が表示された場合、[キャンセルをクリックすると、ライセンス選択画面に戻ります。


使用しようとしたライセンスは灰色表示になります。 使用されていない他の任意のライセンスを選ぶことができます。

適用対象: Excel 2016 for Mac, Outlook 2016 for Mac, PowerPoint 2016 for Mac, Word 2016 for Mac, OneNote 2016 for Mac