米Microsoftは8日(現地時間)、「Microsoft Outlook」の使い方を解説したチートシートを日本語を含む37カ国語で公開したことを明らかにした。当初は英語版のみだったが、ITプロ向けカンファレンス“Microsoft Ignite”で注目を集めたことをうけ、「Microsoft Office」のインターナショナルチームによるローカライズが行われたのだという。

このチートシート(Officeのクイックガイド)には、「Outlook」のメール機能やカレンダー機能の便利な使い方が、スクリーンショット付きでコンパクトにまとめられている。チートシートは各プラットフォームごとに分けられており、以下のアプリが網羅されている。

Outlook Mail for WindowsOutlook Calendar for WindowsOutlook Mail on the webOutlook Calendar on the webOutlook Mail for MACOutlook Calendar for MACOutlook for iOSOutlook for Android

チートシートはPDF形式で、現在同社のWebサイトから無償でダウンロード可能。37カ国語版それぞれのダウンロードリンクは“Microsoft Tech Community”の記事から入手できる「Microsoft Excel」スプレッドシートにまとめられている。

 

 

【関連記事】

「Arm版Windows」は今度こそ流行するのか?:2018急上昇ワード

次期Windows 10は日本語に関連する変更も盛りだくさん ~「Insider Preview」Build 17063