2018年に波が来ると予想されるIT業界のトレンドの1つが、スマホ向けの半導体で動作するWindows、いわゆる「Windows on Snapdragon」だ。

Snapdragonとは、スマートフォン向け半導体大手クアルコムの製品。そのチップ上で動くWindowsのことをこう呼ぶ(プロセッサの名前をとって、Arm版Windowsとも呼ばれる)。従来から開発が進んでいたもので、2017年12月5日(現地時間)の自社イベント「Snapdragon Tech Summit」で大々的にデビューした。

同イベントには、PCメーカーのASUSやHPの幹部もゲストとして登壇。第1弾製品として、ASUSは「NovaGo」を、HPは「Envy x2」を正式に発表している。両機種とも、2018年春に発売される予定だ。ASUSとHPに加え、レノボも2018年1月のCESで、Windows on Snapdragon対応PCを発表する予定。詳細は明かされていないが、ASUSやHPのPCと同様、Snapdragon 835を搭載した、長時間駆動が特徴の機種になると見られる。

スマホの特徴を備えたWindowsマシンが持つ意味とは?

Windows on Snapdragonの魅力は、「ユーザーがスマホに期待しているようなことが、PCでできる」というクアルコム幹部のコメントに集約されている。具体的には、スマートフォンのようなLTE回線での常時接続と、長時間駆動の2つだ。これが、従来のWindows PCとの最大の違いになっている。

さらに重要なのが「長時間駆動」で、ASUSのNovaGoとHPのEnvy x2のどちらも、動画の連続再生時間は20時間を超える。これは、スマートフォンで培ったSnapdragonの省電力性能を活かしたもの。イベントでは、待機状態では1カ月程度バッテリーが持つといったデータも紹介されており、マイクロソフトのWindows&Devices担当上級副社長のテリー・マイヤーソン氏が「ゲームチェンジング」と表現したほどである。

価格は、ASUSのNovaGoが、599ドル(約6万7600円)から。ストレージ256GB、メモリ6GBの最上位構成は799ドル(約9万200円)と、決して“激安”なPCではないが、通信機能や長時間駆動によってPCの使い方を変えるデバイスとして、注目しておいて損はない。

 

 

 

【関連記事】

次期Windows 10は日本語に関連する変更も盛りだくさん ~「Insider Preview」Build 17063

無料のオフィスソフト「LibreOffice(最新版)」、クラッシュする不具合などを修正