少なくとも現時点では、Microsoftからの正式な発表はないが、同社はすべての「Chromebook」ユーザーが「Microsoft Office」を利用できるようにしたようだ。

このことに気付いたのはChrome Unboxedだ。同ウェブサイトが米国時間11月22日に報じたところによと、さまざまなChromebookモデルのユーザーが、「Google Play」ストアからOfficeアプリをダウンロードしているという。

Microsoftは2014年に、Officeアプリ(「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」)のウェブ版を、Chromebookユーザーも利用できるようにした。その後、同社は「Office」を「Android」で使えるようにしており、これらのOfficeアプリが「Chrome OS」デバイス上でも動作するということだ。

筆者は、Chromebookで利用できるOfficeについて、さらに詳しい情報を得ようとMicrosoftに問い合わせたが、今のところ回答はない。画面サイズが10.1インチに満たないデバイスを用いるAndroidタブレットユーザーは、Officeアプリを無料で利用できる。しかし、それよりも大きい画面を持つデバイスでOfficeアプリを使いたいユーザーは、「Office 365」のサブスクリプションが必要だ。

Microsoftは、同社のOS「Windows 10 S」をChrome OSに対抗するものと位置づけており、このOSでは「Microsoft Store」のアプリのみが作動する。

 

 

 

 

【関連記事】

Windows月例更新でエプソン製ドットインパクトプリンターが印刷不能になる問題が修正

手書きパネルには新しいジェスチャーを導入 ~「Windows 10 Insider Preview」が更新