The Document Foundationは2日、ワープロソフト「Writer」、表計算ソフト「Calc」、プレゼンテーションソフト「Impress」などからなる無償のオフィス統合環境「LibreOffice」の“安定版”v5.3.7を公開した。

本バージョンでは、ライブラリ「libwpd」が更新され、ヒープオーバーフローの脆弱性が解消された。さらにクラッシュする不具合など約50件が修正されている。

「LibreOffice」は、オープンソースのオフィス統合環境。Windows XP/Vista/7/8/10および64bit版のWindows Vista以降に対応する寄付歓迎のフリーソフトで、本ソフトの公式サイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。なお「LibreOffice」は、最新機能を積極的に盛り込んだ“最新版”と、企業などでの利用が推奨されている“安定版”の2種類が用意されている。

 

 

【関連記事】

Windows 10大型アップデート 便利な機能を総点検

「Windows 10 Mobile」が終了へ モバイル戦略で苦闘するMicrosoft