Windows Phoneの終了が確定的になった。OSのWindows 10 Mobileに新機能の追加や新しいハードウェアの開発計画はない、とMicrosoftの幹部が認めたためだ。MicrosoftはAndroidやiOSよりも古くからモバイルOSに取り組んできたが、苦戦続きだった。次のモバイル戦略はどうなるのか――。

■アプリ不足のままの幕引き

Windows 10 Mobileの終了は、まず搭載スマートフォン「Elite x3」などを製造するHPから明らかになった。同社の欧州担当プレジデント、Nick Lazaridis氏が英メディアのThe Registerに対し、「Microsoftの戦略変更」を受けて、Elite x3の新製品開発計画を中止することを明らかにしたのだ。

そして4日後、Windows Mobileを率いてきたMicrosoftのOS担当バイスプレジデント、Joe Belfiore氏が打ち切りを事実上認めた。同氏のツイートは「バグフィックスやセキュリティアップデートなどプラットフォームのサポートは継続するが、新しい機能/ハードウェアの構築にはフォーカスしない」としている。前バージョンの「Windows Phone 8.1」は今年7月にサポートを終了している。

Windows 10 Mobileは、デスクトップ版と共通のカーネルを採用したモバイルOSで、2015年末にリリースされた。新たに導入したUWP(Universal Windows Platform)で、開発したアプリがPC、スマートフォン、XboxなどさまざまなWindows 10デバイスにそのまま利用できることを売り物にしていた。

また、外付けディスプレイに接続してPCのように利用できる「Continuum」も特徴。HPのElite x3はこれを生かしたもので、「3-in-1」(PC、タブレット、スマートフォン)をうたっていた。

しかし、UWPを利用したアプリは少ないままだった。アプリ不足を指摘されたBelfiore氏は「アプリ開発促進に多大な努力を払った」とも漏らしているが、Windows Phone時代から続くアプリ問題は解消されなかった。この騒ぎの前の9月末には、Bill Gates氏が、自分用にAndroidスマートフォンを使っていることが明らかになり、話題になった。

 

 

 

【関連記事】

Windows 10次期アップデートで削除される機能たち

Windows 10 Mobileのサポートは2019年まで…が意味するものとは?