米Qualcommは5月31日(現地時間)、台湾・台北で開催中の「COMPUTEX TAIPEI 2017」で、「Snapdragon 835 Mobile PC Platform」採用の「Windows 10」ノートPCが“間もなく”登場すると発表した。

まずは台湾ASUS、米HP、中国Lenovoが対応製品を発売するという。具体的な時期は発表しなかったが、米ZDNetによると、Qualcommのスティーブ・モレンコフCEOは4月の業績発表後の電話会見で、第4四半期(10~12月)に登場と語った。

Snapdragon 835 Mobile PC Platformは、昨年12月の「WinHEC Shenzhen 2016」で発表された。既存のWindows 10 for PCと同等に動作し、Universal Windows Platform(UWP)アプリとx86向けに記述されたWin32アプリを利用できる。

Snapdragon 835 SoCは、CPUの「Qualcomm Kryo 280」、GPUの「Adreno 540」、DSPの「Hexagon 682」を搭載し、下り1Gbpsに対応するLTEモデム「Snapdragon X16 LTE」と統合されている。

Snapdragon搭載Windows 10ノートPCの大きなウリは、このLTEモデムとWi-Fi(802.11ac)による“常時接続”が可能なことだ。

Microsoftのマット・バーロー氏は発表文で「消費者は薄く、軽い常時接続ノートPCでWindows 10を体験できるようになる」と語った。

 

【関連記事】

Windows 10 プレビュー版にディープラーニングとAIで写真/ビデオを管理する「Story Remix」搭載

“Windows Update”を無効化できるようになった「Windows10 設定変更ツール」v1.3