Microsoftは米国時間1月10日、「PowerShell Core 6.0」の一般提供を開始した。これは、コマンドラインインターフェース(CLI)シェルおよびスクリプティング言語である「Windows PowerShell」のクロスプラットフォーム版に相当する。

PowerShell Core 6.0は、6.0というバージョン番号が名称に含まれているものの、PowerShell Coreとしては初めてのリリースとなっている。これは「.NET Framework」に対する「.NET Core」と同様、PowerShellのクロスプラットフォーム実装という位置付けになる。

Microsoftのテクニカルフェローであり、PowerShellの父でもあるJeffrey Snover氏は「これは、PowerShellに対するこれまでで最大、かつ最も重要な変更だ!」とツイートしている。

PowerShell Coreは「Windows 7」や「Windows 8.1」「Windows 10」「Windows Server 2008 R2」「Windows Server 2012 R2」「Windows Server 2016」のほか、「Windows Server」の「半期チャネル」での年2回の機能アップデート上で動作する。また、「macOS 10.12」以降や、さまざまなUNIXライクなOS(「Ubuntu」や「Debian」「CentOS」「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)、「OpenSUSE」「Fedora」など)上でも動作する。

.NETの場合と同様に、PowerShellは.NET Framework上に構築されたWindows PowerShellと、.NET Core上に構築されたPowerShell Coreという、2つの異なるブランチが提供されることになるが、同社はWindows PowerShellの新バージョンをリリースする計画はないとしている。つまり現行の5.1が最終バージョンになるものの、サポートは当面の間継続される。なお、PowerShell CoreはWindows PowerShellと併用することができる。

提供機能についても.NETの場合と同様に、Windows PowerShellの全機能がPowerShell Coreで提供されるわけではない。「PowerShell Workflows」や「PowerShell Snap-ins」「PowerShell WMlv1 cmdlets」のほか、PowerShell Coreから「Desired State Configuration」(DSC)リソースを実行する機能は、現在のところサポートされていない。同社ブログには、「(サポートされていない)テクノロジの一部は、最終的にPowerShell Coreで利用可能になるが、そうならないものも数多くある」と記されている。

コンサルタントのMichael B. Smith氏は、PowerShell CoreとWindows PowerShell間におけるその他の非互換性により、
ITプロフェッショナルは「既存のスクリプトすべて」を見直す必要があると警告している。同氏によると、PowerShell Coreは「Microsoft Exchange」や「Active Directory」「Skype for Business」と連携できないという。

Microsoftのブログによると、「モジュールは、Windowsやその製品グループによってPowerShell Core上でサポートされていると明記されていない限り、PowerShell Coreでの動作を保証しない」という。

同ブログによると、PowerShell Coreは「Windows」や「Office 365」と同様に、定期的かつ継続的にアップデートされるという。

 

 

【関連記事】

ITプロの間で好評を博した「Outlook」マニュアルが日本語を含む37カ国語で公開

「Arm版Windows」は今度こそ流行するのか?:2018急上昇ワード

米Microsoftは8日(現地時間)、「Microsoft Outlook」の使い方を解説したチートシートを日本語を含む37カ国語で公開したことを明らかにした。当初は英語版のみだったが、ITプロ向けカンファレンス“Microsoft Ignite”で注目を集めたことをうけ、「Microsoft Office」のインターナショナルチームによるローカライズが行われたのだという。

このチートシート(Officeのクイックガイド)には、「Outlook」のメール機能やカレンダー機能の便利な使い方が、スクリーンショット付きでコンパクトにまとめられている。チートシートは各プラットフォームごとに分けられており、以下のアプリが網羅されている。

Outlook Mail for WindowsOutlook Calendar for WindowsOutlook Mail on the webOutlook Calendar on the webOutlook Mail for MACOutlook Calendar for MACOutlook for iOSOutlook for Android

チートシートはPDF形式で、現在同社のWebサイトから無償でダウンロード可能。37カ国語版それぞれのダウンロードリンクは“Microsoft Tech Community”の記事から入手できる「Microsoft Excel」スプレッドシートにまとめられている。

 

 

【関連記事】

「Arm版Windows」は今度こそ流行するのか?:2018急上昇ワード

次期Windows 10は日本語に関連する変更も盛りだくさん ~「Insider Preview」Build 17063

2018年に波が来ると予想されるIT業界のトレンドの1つが、スマホ向けの半導体で動作するWindows、いわゆる「Windows on Snapdragon」だ。

Snapdragonとは、スマートフォン向け半導体大手クアルコムの製品。そのチップ上で動くWindowsのことをこう呼ぶ(プロセッサの名前をとって、Arm版Windowsとも呼ばれる)。従来から開発が進んでいたもので、2017年12月5日(現地時間)の自社イベント「Snapdragon Tech Summit」で大々的にデビューした。

同イベントには、PCメーカーのASUSやHPの幹部もゲストとして登壇。第1弾製品として、ASUSは「NovaGo」を、HPは「Envy x2」を正式に発表している。両機種とも、2018年春に発売される予定だ。ASUSとHPに加え、レノボも2018年1月のCESで、Windows on Snapdragon対応PCを発表する予定。詳細は明かされていないが、ASUSやHPのPCと同様、Snapdragon 835を搭載した、長時間駆動が特徴の機種になると見られる。

スマホの特徴を備えたWindowsマシンが持つ意味とは?

Windows on Snapdragonの魅力は、「ユーザーがスマホに期待しているようなことが、PCでできる」というクアルコム幹部のコメントに集約されている。具体的には、スマートフォンのようなLTE回線での常時接続と、長時間駆動の2つだ。これが、従来のWindows PCとの最大の違いになっている。

さらに重要なのが「長時間駆動」で、ASUSのNovaGoとHPのEnvy x2のどちらも、動画の連続再生時間は20時間を超える。これは、スマートフォンで培ったSnapdragonの省電力性能を活かしたもの。イベントでは、待機状態では1カ月程度バッテリーが持つといったデータも紹介されており、マイクロソフトのWindows&Devices担当上級副社長のテリー・マイヤーソン氏が「ゲームチェンジング」と表現したほどである。

価格は、ASUSのNovaGoが、599ドル(約6万7600円)から。ストレージ256GB、メモリ6GBの最上位構成は799ドル(約9万200円)と、決して“激安”なPCではないが、通信機能や長時間駆動によってPCの使い方を変えるデバイスとして、注目しておいて損はない。

 

 

 

【関連記事】

次期Windows 10は日本語に関連する変更も盛りだくさん ~「Insider Preview」Build 17063

無料のオフィスソフト「LibreOffice(最新版)」、クラッシュする不具合などを修正

米国時間19日に発表されたPC版「Windows 10 Insider Preview」Build 17063には、日本語に関連する変更も数多く含まれている。日本時間22日付けで公開された公式ブログ“Windows Blog for Japan”の記事で、おもな改善点が紹介されている。

まず、日本語のタッチキーボードで標準キーボードレイアウトと分割レイアウトがサポートされた。タッチキーボード左上のキーボード設定メニューから切り替えられる。

標準キーボードレイアウトは一般のハードウェアキーボードに準拠しており、ファンクションキーや[Alt]キーなども利用できる。[かな]キーを押せばJISかな配列に切り替えて入力することも可能。

分割レイアウトはキーが左右に分かれて配置されており、タブレットの端を両手でつかみながら、左右の親指で入力するのに適している。

次に、「設定」アプリの[時刻と言語]セクションが新しくなった。新たに追加された[キーボード]ページを利用すれば、キーボード(入力方式)の追加・削除や設定の変更が行える。英語配列と認識されてしまった日本語ハードウェアキーボードを日本語へ切り替えたり、既定の入力方式を変更するのもここから簡単に行えるという。

また、[時刻と言語]セクションの[地域と言語]ページも強化。言語を追加する際、どの言語パックがどの機能(音声認識、手書き入力など)をサポートしているのかがわかりやすくなった。新しい言語選択の方法となる“ローカル エクスペリエンス パック”(仮称)のサポートもあわせて行われ、“Microsoft ストア”経由で翻訳の改善を定期的に受け取れるようになっているという。

なお、これの変更に伴い“コントロール パネル”から言語の設定が削除されている。

そのほかにも、[スタート]画面の“すべてのアプリケーション”が“あかさたな……”でグルーピングされるようになるなどの改善が施された。詳しい内容については下記リンクにあるニュース記事を参照してほしい。

 

 

 

【関連記事】

無料のオフィスソフト「LibreOffice(最新版)」、クラッシュする不具合などを修正

Windows 10に待望の「タイムライン」がやって来る

The Document Foundationは20日、ワープロソフト「Writer」、表計算ソフト「Calc」、プレゼンテーションソフト「Impress」などからなる無償のオフィス統合環境「LibreOffice(最新版)」v5.4.4を公開した。

本バージョンでは、クラッシュやメモリリークなどの不具合が約80件修正されている。

なお、1カ月後には次期メジャーバージョンアップとなる「LibreOffice」v6.0の公開が予定されているとのこと。

「LibreOffice」は、オープンソースのオフィス統合環境。Windows XP/Vista/7/8/10および64bit版のWindows Vista以降に対応する寄付歓迎のフリーソフトで、本ソフトの公式サイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。なお「LibreOffice」は、最新機能を積極的に盛り込んだ“最新版”と、企業などでの利用が推奨されている“安定版”の2種類が用意されている。

 

 

 

【関連記事】

Windows 10に待望の「タイムライン」がやって来る

MSの「Office」アプリ、全「Chromebook」向けにGoogle Playで提供か

2017年10月17日に配信が始まったWindows 10の大型アップデート「Fall Creators Update(1709)」。ここでの搭載が予告されながらも、次回以降のアップデートに先送りとなった大型の新機能に「タイムライン(Timeline)」がある。

タイムラインの先送りを報告した米Microsoftのジョー・ベルフィオーレ氏は「Fall Creators Updateの提供からすぐ後に、同機能をWindows Insider Programの参加者向けに提供する」と説明していたが、いよいよ同機能を搭載した最新ビルドが同プログラム参加者のFast Ringユーザー向けにやって来る。

●開発プレビュー版に搭載された「タイムライン」機能とは?

タイムラインを搭載した最新ビルドの提供を予告しているのは、Insider Programの担当者でおなじみのドナ・サルカール氏だ。同氏はWindows公式ブログへの11月28日(米国時間)の投稿で、間もなく提供するWindows 10 Insider Previewの新機能を紹介した。12月1日(日本では翌日)ごろのタイミングで配信されるようだ。

注目すべき新機能の1つは、お待ちかねのタイムラインだ。タスクビューの一部に機能が組み込まれる形で、過去に作業したファイルが時系列で簡単にたどれたり、検索できたりするようになる。ファイルだけでなく、アプリやWebサイトの履歴などもたどれるため、「直近で作業していた内容を任意のタイミングで再開」といったことが容易に行える。

このタイムラインで最も重要なのは、デバイス間をまたいだ作業がスムーズになる点だ。例えば、PCで閲覧中だったWebサイトをモバイルデバイスで移動中に確認したり、あるいは自宅や職場の普段とは異なるマシンの作業を引き継いだり、といったことにも対応できる。

そのため「デバイス間同期」の仕組みが必須であり、今回は投入が説明されていないものの、間もなく追加されるとみられる注目の新機能「クラウドクリップボード」(これも予告されていながらFall Creators Updateでは間に合わなかった)と合わせて、Windows 10の次期大型アップデート「Redstone 4(RS4)」の目玉の1つとなるだろう。

●複数のタスクを「タブ」で切り替えられる新機能も

もう1つの注目は、Insider Previewに導入される新機能と、それを利用してテストされる「Windowsの新しいユーザーインタフェース(UI)」だ。

現在はInsider Programで同じ「Ring」を選択したユーザーであれば、受け取れるInsider Previewのビルドは中身も含めて同じものになっている。

しかし、サルカール氏によれば、今後は「特定の機能」や「特定の変更」を試すため、あえて一部のユーザー限定で短期間だけ異なる機能を提供し、残りのユーザーグループとの比較で、その満足度や利用度から機能評価をしていくという。その結果は短期間のテスト終了後、全てのInsider Program参加者に反映されることになる。

この新機能で例に挙げられているのが、Edgeブラウザにおける「Hub」アイコンを異なるデザインで用意しておき、どちらのデザインがよいのかをユーザーの反応を見て決めるというものだ。一種の「意識せずに行われるユーザー投票」みたいなものだと考えればよいだろう。

そして、この「機能テスト」で最初に導入される試験機能が「Sets」というものだ。あくまで暫定名称で、実際の正式リリース時には異なるものになるようだが、内容的には「Edgeブラウザで採用している“タブ”のUIで、各種アプリやファイルの操作も行えるもの」と言えばいいだろうか。

YouTubeにアップロードされている動画を直接確認いただいた方が分かりやすいだろう。

仕組みとしては、よく利用するアプリや過去のファイルがEdgeブラウザのホーム画面のようなUIで選べるようになっており、OfficeやEdgeといった異なるアプリであっても、同一のウィンドウでタブを切り替えるようにアプリを切り替えられるようになる。

ウィンドウを閉じると、タブとして開かれている全てのアプリは閉じるが、これもやはりEdgeのように閉じたタブをアプリごとに、一気に復活させることも可能だ。Windows 10のUIをWebブラウザライクなものにすると考えればよいだろう。まずは一部のUWP(Universal Windows Platform)アプリで使えるようになる。

正直なところ、既存のユーザーの多くは混乱する可能性の高いUIという印象を受けたが、Fast Ringユーザーでこの試験機能を利用する機会があった場合、是非試してその結果をMicrosoftにフィードバックしていただきたい。

●操作履歴やファイル共有の機能強化で使い勝手が高まるWindows 10

こうした履歴やファイル共有機能は2018年3月ごろに配信される予定のRS4でより積極的に盛り込まれる見込みだ。

例えば、11月に配信されたInsider Previewの「Build 17035」には、AppleのAirDropライクな「Near Share(近くの共有)」機能が導入されており、今後も同機能に対応したプラットフォームが拡大していくとみられる。

恐らく、RS4ではこうした複数デバイス間のシームレスな体験や使い勝手の向上が、アピールポイントとして紹介されるはずだ。

 

 

 

【関連記事】

MSの「Office」アプリ、全「Chromebook」向けにGoogle Playで提供か

Windows月例更新でエプソン製ドットインパクトプリンターが印刷不能になる問題が修正

少なくとも現時点では、Microsoftからの正式な発表はないが、同社はすべての「Chromebook」ユーザーが「Microsoft Office」を利用できるようにしたようだ。

このことに気付いたのはChrome Unboxedだ。同ウェブサイトが米国時間11月22日に報じたところによと、さまざまなChromebookモデルのユーザーが、「Google Play」ストアからOfficeアプリをダウンロードしているという。

Microsoftは2014年に、Officeアプリ(「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」)のウェブ版を、Chromebookユーザーも利用できるようにした。その後、同社は「Office」を「Android」で使えるようにしており、これらのOfficeアプリが「Chrome OS」デバイス上でも動作するということだ。

筆者は、Chromebookで利用できるOfficeについて、さらに詳しい情報を得ようとMicrosoftに問い合わせたが、今のところ回答はない。画面サイズが10.1インチに満たないデバイスを用いるAndroidタブレットユーザーは、Officeアプリを無料で利用できる。しかし、それよりも大きい画面を持つデバイスでOfficeアプリを使いたいユーザーは、「Office 365」のサブスクリプションが必要だ。

Microsoftは、同社のOS「Windows 10 S」をChrome OSに対抗するものと位置づけており、このOSでは「Microsoft Store」のアプリのみが作動する。

 

 

 

 

【関連記事】

Windows月例更新でエプソン製ドットインパクトプリンターが印刷不能になる問題が修正

手書きパネルには新しいジェスチャーを導入 ~「Windows 10 Insider Preview」が更新

米Microsoft Corporationは21日(現地時間)、Windowsの更新プログラム「KB4055038」を公開した。11月の月例アップデートを適用した一部の環境でエプソン製のシリアルインパクトドットマトリクス(SIDM)プリンターやPOS用のターミナルモジュール(TM)プリンターで印刷できなくなっていた不具合が修正されているという。

更新プログラムはWindows 7/8.1、Windows RT 8.1およびWindows Server 2008 R2/2012/2012 R2向けが提供されており、現在、“Windows Update”や“Microsoft Update カタログ”を通じて入手可能。

なお、この問題はWindows 10にも影響するが、執筆時現在、まだ更新プログラムは提供されていないようだ。同社はエプソンと協力しながら原因の特定と解決に取り組むとしている。暫定的な回避策についてはエプソンのサポートページで案内されているので、それを参照のこと。

 

【関連記事】

手書きパネルには新しいジェスチャーを導入 ~「Windows 10 Insider Preview」が更新

無料のオフィスソフト「LibreOffice」の安定版v5.3.7が公開、脆弱性を解消

米Microsoft Corporationは16日(現地時間)、PC版「Windows 10 Insider Preview」Build 17040を“Windows Insider Program”の“Fast”リングの参加ユーザーに対して公開した。すでに「Windows 10 Insider Preview」を導入済みの場合は“Windows Update”から最新ビルドへ更新できる。なお、前ビルドで発生していたAMD製CPU搭載PCで更新が行えない問題はすでに解消されているという。

Build 17040では「設定」アプリが改善され、HDRを有効にしている場合に[システム]-[ディスプレイ]セクションでSDRのホワイトレベルを調整できるようになった。また、以前のビルドから行われている[簡単操作]セクションの整理も進められており、いくつかの項目が移動されている。

そのほかにも、入力面では“シェイプライティング(Shape Writing)”のサポート言語が拡充(日本語は未対応)。手書きパネルで新しいジェスチャーが導入された。

たとえば、前ビルドで縦線の挿入で単語が分割できるようになったが、本ビルドでは単語の間に“∧”を書き込むことでも行えるようになった。また、上部を山なりにつなげば分割された単語を統合することも可能。

さらに、手書き認識したテキストの確定・挿入(Commit)処理を“」”の書き込みで行えるようになった。逐次入力をコミットしてなるべく手書きパネルを空にしておきたい場合に役立つ。

 

 

【関連記事】

無料のオフィスソフト「LibreOffice」の安定版v5.3.7が公開、脆弱性を解消

Windows 10大型アップデート 便利な機能を総点検

The Document Foundationは2日、ワープロソフト「Writer」、表計算ソフト「Calc」、プレゼンテーションソフト「Impress」などからなる無償のオフィス統合環境「LibreOffice」の“安定版”v5.3.7を公開した。

本バージョンでは、ライブラリ「libwpd」が更新され、ヒープオーバーフローの脆弱性が解消された。さらにクラッシュする不具合など約50件が修正されている。

「LibreOffice」は、オープンソースのオフィス統合環境。Windows XP/Vista/7/8/10および64bit版のWindows Vista以降に対応する寄付歓迎のフリーソフトで、本ソフトの公式サイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。なお「LibreOffice」は、最新機能を積極的に盛り込んだ“最新版”と、企業などでの利用が推奨されている“安定版”の2種類が用意されている。

 

 

【関連記事】

Windows 10大型アップデート 便利な機能を総点検

「Windows 10 Mobile」が終了へ モバイル戦略で苦闘するMicrosoft