米Microsoftは例年10月に「Surface」の新製品を発表するサイクルを維持しており、2016年10月には「Surface Studio」が登場した。その流れから、2017年10月にSufaceの新製品が発表される可能性は高い。

●「Surface Book」のリニューアルか、それとも

それでは、どのようなSurface新製品が登場するのか。現時点でSurfaceの新モデルに関する情報はほとんど出ていないが、更新周期から考えれば海外展開が始まったばかりで日の浅いSurface Studioの他、春に新製品が発表されたばかりの「(New)Surface Pro」「Surface Laptop」については可能性が低い。

やはり、オリジナルモデルが投入されてから既に2年が経過している「Surface Book」が何らかの形でリニューアルされると考えるのが妥当だ。米国のMicrosoft Storeでは、Surface Bookの幾つかのモデルを値下げしており、1TBストレージオプションをオンラインで選択不可にしているなど、次世代製品の兆候とみられる。

あるいは、サポート対応などで不遇なまま製造中止となってしまったAtomプロセッサ搭載の「Surface 3」後継、または似たようなコンセプトの新製品が発表されることもあり得る。

ただ、仮にSurface 3の後継製品が登場したとしても、従来のような「安価なSurface」は考えにくい。本来は低価格帯を狙うはずの「Windows 10 S」を搭載したSurface Laptopがやや高価格帯の製品となったように、最近のMicrosoftは製品ライン全体をハイエンド寄りにシフトしつつある。

そのため、Surface 3に連なる新製品が出るとしたら、低価格を強みにするのではなく、長時間バッテリー駆動が可能で常時接続に対応した「モバイルに最適なPC」をコンセプトとして打ち出す可能性が高い。具体的には「ARM版Windows 10」を採用した「Snapdragon 835内蔵のデバイス」だ。

●「Fall Creators Update」でOSもテコ入れ

10月というのはWindows 10の次期大型アップデート「Fall Creators Update(1709)」がリリースされるタイミングでもあり、2017年末のホリデーシーズン商戦に向けて投入されるPCはこの最新版OSの搭載が前提となる。

もし10月にMicrosoftの製品発表イベントが開催された場合、プレゼンテーションの一部はこのFall Creators Updateの機能紹介に割り当てられるだろう。

いずれにせよ、10月は「Back to School」と呼ばれる米国での新学期商戦シーズンが既に終了したタイミングで、比較的高価格帯で高機能な製品がMicrosoftの発表イベントの目玉となる。

米国ではこの時期にWindows 10 Sをプリインストールした比較的安価なノートPCとして「ASUS Vivobook W202」「Dell Latitude 3180」「Fujitsu LIFEBOOK P727」「HP ProBook x360 11EE」の投入が予告されている。Microsoftは、初のWindows 10 SデバイスとしてSurface Laptopを投入した後は、普及価格帯の市場開拓をOEMメーカーに任せる意向なのだろう。

10月に発表されるとみられるSurfaceシリーズ新製品の日本投入時期がいつかも含め、今から発表が楽しみだ。

 

 

【関連記事】

「Windows 10」に視線追跡機能搭載へ──ALS患者支援チームが開発

「Windows 10」とAndroid端末の連係、ビルド16251で一部可能に

米Microsoftは8月1日(現地時間)、「Windows 10」のWindows Insiderの次のビルド(早ければ2日にリリースの予定)に、視線追跡機能「Eye Control」を追加すると発表した。

Eye Controlは、障害のある人々が、Windows 10で画面上のマウス、キーボード、テキスト読み上げ機能を視線だけで操作するための視線追跡ツールを提供するという。

2014年の社内ハッカソンでALS(筋萎縮性側索硬化症)を患う元NFL選手、スティーブ・グリーソン氏と協力してSurfaceを利用する入力システムを開発した「Ability Eye Gaze」チームが推進してきた。

「3年前にMicrosoftに障害者が生産的で目的意識を持てるような革新的な技術プログラムの開発を支援してほしいと依頼したとき、彼らはすぐに同意してくれた。当時はそうした技術がWindows 10全体で使えるようになるとは夢にも思わなかったよ」(グリーソン氏)

まずは視線追跡ツールメーカーのスウェーデンTobiiの「Tobii Eye Tracker 4C」がこの技術をサポートする。Eye Controlを試すには、Windows 10の次期InsiderビルドとTobii Eye Tracker 4C(価格は149ユーロ)が必要だ。Tobii Eye Tracker 4Cは既に「Windows Hello」に対応している。

正式版のWindows 10にこの機能が搭載される時期はまだ不明だ。

 

 

【関連記事】

「Windows 10」とAndroid端末の連係、ビルド16251で一部可能に

マイクロソフト、「LinkedIn」の「Windows 10」版を7月中にリリースへ

米Microsoftは7月26日(現地時間)、Windows Insider ProgramのFast Ringユーザー向けに、「Windows 10」の「Build 16251」の配信を開始したと発表した。このBuildには、9月提供予定の「Fall Creators Update」の新機能が多数含まれる。

このビルドで、「Build 2017」で予告した携帯端末連係機能のAndroid版が追加された。iPhone版は“間もなく”追加の予定だ。

Andrdoid端末でのWebブラウジングの続きをPCで引き継げる。こうした機能はWindows版とAndroid版のChromeブラウザで既にできるが、アクションセンター経由で可能になる。

この機能を使うには、[Setting](設定)→[Phone]を開き、ここでAndroid端末をリンクさせる(リンク方法については具体的説明がないが、電話番号を入力するようだ)。

リンクさせるとMicrosoftからSMSで「Microsoft Apps」というアプリを端末にインストールするようにというメッセージが届くので、これをインストールする。

Android端末でWebを見ていて、PCで続きを見たくなったら、ブラウザに表示される共有オプションから設定済みのPCに連係できる。最初に連係する際に、PCと同じMicrosoftアカウントでログインするよう求められる。

このビルドではこの他、音声AIアシスタント「Cortana」でWeb検索結果をブラウザを開かずに表示する機能や、CortanaでPCを終了させる機能などが追加された。

 

 

 

【関連記事】

マイクロソフト、「LinkedIn」の「Windows 10」版を7月中にリリースへ

Adobe、無償コードエディター「Brackets」の最新版v1.10.0を公開

 

 

Microsoft傘下のLinkedInが、「LinkedIn」アプリの「Windows 10」デスクトップ版を新たに開発した。このアプリは7月中にロールアウトされる予定だ。

このアプリは、7月中に「Windows Store」で全ユーザー向けにリリースされる予定である。PCとタブレットでのみ利用可能で、「Windows Phone」はサポートしない。MicrosoftはLinkedInアプリのWindows Phone版の開発を終了する予定で、影響を受けるユーザーに対して、アプリの代わりにモバイルサイトを利用するよう勧めている。

Windows 10版を実際に見たことのある人物によると、Windows 10向けのLinkedInアプリは基本的にウェブ版のラッパーアプリであり、Windows 10の機能をいくつか利用するが、完全な「Universal Windows Platform」(UWP)アプリではないという。

Windows 10版の新しいLinkedInアプリを発表する米国時間7月17日のブログ投稿には、次のように書かれている。

「Windows 10の『アクションセンター』で、Windows 10向けLinkedInは新着メッセージ、あなたのプロフィールを閲覧した人に関する洞察、あなたの業界で話題になっているニュース、あなたのプロフェッショナルネットワーク上のほかのタイムリーなハイライトなど、さまざまなプロフェッショナルアップデートをリアルタイムで提供する」

LinkedInのブログ投稿によると、ユーザーはアクションセンターに表示させたい(または表示させたくない)アップデートを、LinkedInアプリ内の「Notifications」(通知)タブから直接管理できるようになるという。

 

 

 

【関連記事】

Adobe、無償コードエディター「Brackets」の最新版v1.10.0を公開

マイクロソフト、入れたら無限再起動のInsider Previewを誤配信

Adobe Systems Incorporatedは7日(現地時間)、オープンソースのコードエディター「Brackets」の最新版v1.10.0を公開した。Windows/Mac/Linuxに対応するフリーソフトで、現在本ソフトの公式サイトからダウンロード可能。Windows版は窓の杜ライブラリからもダウンロードできる。

「Brackets」は、HTML/CSS/JavaScriptを記述するのに特化したWeb開発向けのコードエディター。「Brackets」自身もHTML/CSS/JavaScriptで開発されている。別のファイルに記述されたスタイルをその場でインライン編集できる“クイック編集”や、編集中のHTML/CSSを「Google Chrome」でリアルタイムプレビューできる“ライブプレビュー”といった機能を備えるのが特長。コードヒント(入力補完)やシンタックスハイライトはもちろん、ファイル・行・定義へのナビゲーションを行う“クイックオープン”機能、LESS/SCSSのコンパイル、複数選択・編集、分割ビュー、拡張機能、テーマにも対応している。

今回のアップデートでは、複数のエンコーディングをサポート。40種類以上の文字コードがサポートされ、Shift-JISをはじめ、UTF-8以外のテキストファイルも文字化けせず表示できるようになった。エンコーディングの切り替えは、画面下端にあるステータスバーから可能。

また、CSSのコードヒント機能が強化された。従来バージョンの「Brackets」でもCSSのコード補完はサポートされていたが、v1.10.0ではさらに“@charset "UTF-8";”といった“@rules”のコード補完が行えるようになったほか、疑似クラスや疑似要素のサジェストでも入力補助の恩恵を受けることができる。また、HTML要素の中にスタイルを埋め込む場合(インライン入力)でも、コードヒントを表示できるようになった。

そのほかにも、同梱の拡張機能を有効化・無効化する機能や、検索バーで履歴を利用する機能が新たに追加。Linux版ではこれまでHTMLで実装されていたメニューが、ネイティブメニューに置き換えられている。

 

 

 

【関連記事】

マイクロソフト、入れたら無限再起動のInsider Previewを誤配信

「Snapdragon 835」搭載Windows 10ノート、“Coming Soon”

2017年6月1日の午後、PC版とモバイル版のWindows 10 Insider Previewがリリースされたのだが、これは開発サイドの誤配信だった。

入れたら無限再起動のInsider Previewが誤配信
2017年6月1日の午後、PC版とモバイル版のWindows 10 Insider Previewがリリースされたのだが、これは開発サイドの誤配信だった。開発中のバージョンが不注意により、エンジニアリングシステムに配備されたことが原因。すぐに、元に戻したうえ、そのビルドの配信は停止したものの、ダウンロードした人はいるとのこと。筆者は残念ながら入手できなかったのだが、元の環境に戻す方法を紹介しておく。

「from RS_EDGE_CASE」ビルドをインストールしたPCでは、特に大きい問題は報告されていないが、どちらにせよ不安定な状況なので不具合がある可能性はある。アップデートしてから10日間以内で、ディスクのクリーンアップをしていないなら、「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」から、元のビルドにロールバックできる。もしくは、次の新しいビルドの公開を待ってもいい。

問題は、Windows 10 Mobileに「RS_IoT」ビルドをインストールした場合だ。インストール後はデバイスが無限再起動のループになってしまう。こうなったら、「Windows Device Recovery Tool」を利用し、リフレッシュするしかない。その後、もう一度Windows Insider Programに参加し、FastRingを選択する必要がある。

もし、まだインストールされておらず、再起動ループになっていなくても、「RS_IoT」ビルドをダウンロードしてしまっているなら削除しなければならない。「設定」→「システム」→「バージョン情報」→「電話のリセット」からリセットする。

誤配信されたビルドは現在はダウンロードできなくなっている。万一インストールしてしまった場合は元のビルドに戻そう。PC版なら様子見もあり。

 

 

【関連記事】

「Snapdragon 835」搭載Windows 10ノート、“Coming Soon”

Windows 10 プレビュー版にディープラーニングとAIで写真/ビデオを管理する「Story Remix」搭載

米Qualcommは5月31日(現地時間)、台湾・台北で開催中の「COMPUTEX TAIPEI 2017」で、「Snapdragon 835 Mobile PC Platform」採用の「Windows 10」ノートPCが“間もなく”登場すると発表した。

まずは台湾ASUS、米HP、中国Lenovoが対応製品を発売するという。具体的な時期は発表しなかったが、米ZDNetによると、Qualcommのスティーブ・モレンコフCEOは4月の業績発表後の電話会見で、第4四半期(10~12月)に登場と語った。

Snapdragon 835 Mobile PC Platformは、昨年12月の「WinHEC Shenzhen 2016」で発表された。既存のWindows 10 for PCと同等に動作し、Universal Windows Platform(UWP)アプリとx86向けに記述されたWin32アプリを利用できる。

Snapdragon 835 SoCは、CPUの「Qualcomm Kryo 280」、GPUの「Adreno 540」、DSPの「Hexagon 682」を搭載し、下り1Gbpsに対応するLTEモデム「Snapdragon X16 LTE」と統合されている。

Snapdragon搭載Windows 10ノートPCの大きなウリは、このLTEモデムとWi-Fi(802.11ac)による“常時接続”が可能なことだ。

Microsoftのマット・バーロー氏は発表文で「消費者は薄く、軽い常時接続ノートPCでWindows 10を体験できるようになる」と語った。

 

【関連記事】

Windows 10 プレビュー版にディープラーニングとAIで写真/ビデオを管理する「Story Remix」搭載

“Windows Update”を無効化できるようになった「Windows10 設定変更ツール」v1.3

米Microsoftは11日(現地時間)、Windows 10 Insider PreviewのPC向け「Build 16193」と、モバイル向け「Build 15213」の配信をFast ringで開始した。

現在米シアトルにてMicrosoftの開発者向け会議「Build 2017」が開催されており、今年(2017年)の後半にリリース予定とされる大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」が発表され、その場で紹介されたいくつかの機能が搭載されたビルドとなっている。

また、Microsoftはバグ修正のための恒例の「Bug Bash」のスタートも告知しており、太平洋時間の5月15日午前0時から始まり、同5月21日午後11時59分にわたり実施され、Insider Program利用者たちに参加を呼びかけている。

PC向けビルドについては、既報の記事「クリエイター向け機能をさらに盛り込んだWindows 10 Fall Creators Update」でも取り上げている新機能として「Story Remix」が実装されている。

MicrosoftはStory Remixを革新的なフォトアプリとしており、写真やビデオをこれまで以上に簡単に自分の思い出と関連付けでき、ストーリー仕立てで表現できるようになっているとする。関連付けにはディープラーニングとAIが駆使されており、自動的にタグ付けが行なわれる。これによって、人物、場所、出来事などといったくくりで簡単に写真/ビデオを特定し、閲覧・編集やストーリーの作成がしやすくなっている。

Story RemixにはFluent(流れるような)デザインを採用。エクスプローラーページはすべての写真とビデオのハブとなっており、コンテンツを大中小の3つの異なる大きさで閲覧できる。また、クリエイトページから新規ストーリーの作成に着手できる。

このほか、delightやcommon taskに即座にアクセスして簡単にストーリーを作成できる「ディスカバリーバー」や、YouTubeやFacebookに即座にビデオをアップロードまたは、OneDriveを介して共有するためのシェア機能なども搭載されている。

Story Remix以外のトピックとしては、バッテリ駆動時間の延長を図る「Power Throttling」のアップデートが行なわれ、タスクマネージャー上で表示される項目名が「Background Moderated」から「Power Throttling」に変更された。同機能に関してはこちらの別記事『バッテリ駆動を延長させる「Power Throttling」がWindows 10プレビューに実装』を参照いただきたい。

また、各アプリなどの音量を調整する「音量ミキサー」にUWPアプリが含まれるようになった。ただし、現状ではUWPアプリで音を鳴らさないと音量ミキサーには現われない。

 

 

【関連記事】

“Windows Update”を無効化できるようになった「Windows10 設定変更ツール」v1.3

「Windows 10 Creators Update」では日本語入力も改善 ~Microsoftが強化点を案内

Windows 10の“Windows Update”などの設定を変更するためのツール「Windows10 設定変更ツール」v1.3が、18日に公開された。本バージョンでは、“Windows Update”を無効化する機能が実装されている。


仕組みは、“Windows Update”のサービスが起動しないようにするとのこと。実行するには、[Home/Pro用 Windows Update無効化設定]項目にある[無効にする]ボタンをクリックしたあと、Windowsを再起動すればよい。

再び“Windows Update”を有効化するには、同じ項目にある[有効にする]ボタンをクリックしてからWindowsを再起動しよう。

ただし、“Windows Update”の動作を止めることは安全性の面から推奨できない。作者によるとユーザーから、“Windows Update”を適用した結果ブルースクリーンになるなどWindowsの調子がおかしくなったという報告が100件前後寄せられたため、“Windows Update”を無効化する機能を実装したとのこと。本機能の利用時に表示されるダイアログにもあるように、作者も利用を推奨していない機能なので、どうしてもという場合以外の利用は控えよう。

「Windows10 設定変更ツール」は、64bit版を含むWindows 10に対応するフリーソフト。現在作者のWebサイトや窓の杜ライブラリからダウンロードできる。

 

 

【関連記事】

「Windows 10 Creators Update」では日本語入力も改善 ~Microsoftが強化点を案内

PCから離れると自動ロック──Windows 10の新機能「動的ロック」を試す

米Microsoft Corporationは12日(日本時間)、公式ブログ“Windows Blog for Japan”で、「Windows 10 Creators Update(バージョン 1703)」で導入された日本語入力の改善を案内した。それによると、「Windows 10 Creators Update」では予測入力機能の強化、変換性能の向上、入力モード切替の通知といった改善が施されているという。


まず、予測入力機能の強化としては、既定で入力開始直後から予測候補を表示するようになった。また、英単語の予測候補がより多く提供されるようになったことにより、日本語のみならず、英語の入力も簡単になっているという。さらに、予測候補を非表示にする削除ボタンが追加。[Ctrl]+[Delete]キーというショートカットキーを知らなくても、不要な候補を簡単に削除できるようになった。

次に、変換性能の向上ついては、細切れに確定を行うような使い方をしていても、直前の単語を参照してより賢い変換を行うようになったほか、品詞を“短縮よみ”で登録していても無条件で変換候補の最初に表示せず、学習結果を反映して変換候補を出すようにするなどの改善が行われた。もちろん、安定性と反応速度の向上も引き続き図られている。

最後の入力モード切替の通知は、「Windows 10 Creators Update」へ更新して初めに気付く大きな変更といえるだろう。「Microsoft IME」の入力モードを切り替えると、画面の中央に大きく“A”や“あ”と表示されるようになり、入力モードが何に切り替わったかを簡単に把握できるようになった。

もしこれが気に入らない場合は、「Microsoft IME」の設定画面にある“IME入力モード切替の通知”で[画面中央に表示する]オプションを無効化すればよい。

なお、「Microsoft IME」の設定画面へアクセスするにはIMEが有効な入力フィールドで[Ctrl]+[F10]キーを押すと現れるメニューを利用すると便利であることも覚えておくとよいだろう。単語の登録や誤変換レポート、手書きで文字を探せる「IME パッド」へのアクセスも容易となる。

Amazonで関連商品を購入:Windows 10 Home Creators Update 32bit/64bit オンラインコード版Windows 10 Pro Creators Update 32bit/64bit オンラインコード版

 

 

【関連記事】

PCから離れると自動ロック──Windows 10の新機能「動的ロック」を試す

Windows 10の新たなアップグレードコンセプト「Windows as a Service」